· 

「令和」のパソコン漢字変換設定

ワードやエクセルで「令和」をパソコンで一発漢字変換する

 

元号が「平成」から「令和」に変わり、作成する文書でも今後は「令和」という言葉を使うことが多くなるでしょう。

 

ところで、「令和」は全く新しい単語なので、これから製造されるパソコンならともかく、今お使いのパソコンではれいわと入力して変換キーを押しても令和にはなりません。

 

れいに変換してから、に変換すれば、つまり2ステップ踏めば、令和と入力できますが、よく使う単語なので面倒です。

 

この記事では「令和」を単語登録して、れいわと入力し令和に一発変換するための設定について説明します。

 

手順1.「単語の登録」を呼び出す

 

Windows 10とWindows 7&8では若干手順に違いがあるので、別々に説明します。

 

(1)Windows10では、通常画面右下にある「入力モード」ボタン(「A」とか「あ」のボタン)を右クリックし、「単語の登録」をクリックします。

(図1-(1)及び図1-(2)御参照)

 

Windows7及び8では、やはり通常画面右下にある「ツール」ボタンをクリックし、「単語の登録」をクリックします。

(図2-(1)及び図2-(2)御参照)

 

(2)「単語の登録」をクリックすると「単語の登録」画面が表示されます。(図3御参照)

手順2. 「令和」を登録する

 

(1)「単語の登録」画面の「単語」に令和と入力します。

注)この段階では、を別々に入力、つまり2ステップで入力せざるを得ません(念のため)。

 

(2)「単語の登録」画面の「よみ」にれいわと入力します。

 

(3)「登録」ボタンを押せばれいわ令和と一発変換する設定が完了です。

 

(図4御参照)

 

なお、「単語の登録」は、もちろん「令和」以外にも使えます。

 

私はよく使う教室近所の町名(例 鶴ケ岡、鶴ケ舞)など登録していますし、読み方が難しい一部の生徒さんのお名前などを登録しています。

 

活用してみて下さい。

 

LINE@でパソコン情報、地域の情報など役立つ情報を発信中!

1)上のLINE@のロゴをタップし「追加」をタップして頂くか、2)IDの『@mzy3865p』で検索、あるいは3)パソコンで御覧の方は表示のQRコードを読み取って下さい。

LINE@から無料体験お申込みの方には、入会金を1,000円割引き致します。

(無料体験お申込みの際には、必ずお名前と希望日時もご連絡下さい。)