· 

SHIFTキーの効用

 

数字キーの上に表示されている「!」、「“」、「#」・・・・・「(」、「)」などをうつときや、入力モードが「半角英数」や「全角英数」になっているときアルファベットの「大文字」を入力するとき、SHIFTキー用いることはよく知られていますが、以下のような便利な機能もあります。覚えておくと使えるときもあるでしょう。

1.  パソコンでFacebookLINEをするときの改行

Facebookのコメントやメッセンジャー、LINEメールで「ENTERキー(=改行キー)」を押すとコメント、メッセージが相手に発信されてしまって改行することができません。

こんなときSHIFTキーを押しながらENTERキーを押すと、コメント欄、メッセージ欄の中で改行できます。

2.  正円、正方形、水平・垂直な線

ワードなので、図形の「円/楕円」、「正方形/長方形」、「直線」を挿入するとき、SHIFTキーを押しながら、各図形を描くと、「正円」、「正方形」、「水平・垂直な線」が描けます。

3.  画像、イラストの縦横比を変えないで拡大/縮小

ワードなので挿入した画像やイラストを拡大/縮小するとき、SHIFTキーを押しながらドラッグすると、画像やイラストのオリジナルの縦横比を維持したまま拡大/縮小できます。(逆に、縦長にしたい、横長にしたいなど、デフォルメするときはSHIFTキーを押しません。)

4.  半角の空白

入力モードがひらがなモードで空白キー(スペースキー)を押すと「全角」の空白がうてます。

   このとき、ちょっと隙間が空き過ぎかなぁ~と思ったら、SHIFTキーを押しながら空白キーを

   押し直せば、ちょっと幅の狭い「半角」の空白がうてます。